オーシャンズ8(最新作)の日本公開日とキャストは?あらすじや11との違いも!

皆さんオーシャンズ11って映画ご存知ですか?

ジョージクルーニーとブラピ率いる凄腕の強盗たちが協力して、

難攻不落のお宝を狙う大人気作品です。

シリーズも大人気で3作品作られ

4作品目も期待されていた中、

俳優の1人が他界されたため、

それ以降シリーズは作られなくなりました

今回リメイクされオーシャンズ8として

映画化されるという情報をキャッチしました。

日本公開日やあらすじ、オーシャンズ11との違いが

気になったのでまとめていきます。

Sponsored Link


『オーシャンズ8』とは?

オーシャンズ11との違いも!

オーシャンズ8とはオーシャンズ11から続く

3部作の正当な後継作品ではありません

設定やキャストも一新したリメイク作品となっています。

まずオーシャンズ8に出てくる主人公は

デビー・オーシャン』で女性です。

これまではジョージ・クルーニー演じる

ダニー・オーシャン』が主人公でしたが、

性別まで変わっています。

ただファーストネームが

オーシャン』と共通していることから、

親戚や兄妹などなんらかの

血縁関係にあるのではないかとの噂が立っています。

個人的にはダニーの妹にあたるのが

今回の主人公のデビーだと予想します!

どんな設定なのか楽しみですね~!

しかも主人公だけではありません。

登場人物が全員女性なんです!

この設定は面白いですね~。

気になるキャストも見ていきましょう。

オーシャンズ8のキャストは?

オーシャンズ8のキャストを見ていきましょう。

まずはオーシャンズ8の8人です。

サンドラ・ブロック(デビー・オーシャン)

ケイト・ブランシェット(ロー)

サラ・ポールソン(タミー)

リアーナ(ナイン・ボール)

アン・ハサウェイ(ダフネ・クルーガー)

ミンディ・カリング(アミタ)

ヘレン・ボナム・カーター(ローズ)

オークワフィーナ(コンスタンス)

さすがオーシャンズシリーズ!

めっちゃ豪華なキャストですね~。

サンドラブロックケイト・ブランシェット

サラ・ポールソンと主役級が勢ぞろいですね!

今を時めく歌手のリアーナの名前もあり

女優にチャレンジするのは初めてではないでしょうか?

この広い年齢層のキャスティングも

オーシャンズシリーズならでわです!

ターゲットとなる敵役はだダミアン・ルイス

監督は『ハンガーゲーム』のゲイリー・ロス監督。

噂では今までのオーシャンズシリーズで登場したマッド・デイモンが、

少しだけ出演するかも?ということです。

ファンは見逃さないようにオーシャンズ8を鑑賞しないといけませんね。

Sponsored Link

オーシャンズ8のあらすじは?

今回の舞台はニューヨークです。

今回のターゲットはセレブやファッションの著名人が集まる、

ファッション界のオスカーと呼ばれるニューヨークメトロポリタン美術館の

大イベント「メットボール」の高価なネックレス

このネックレスを盗み出そうと、デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)が

最高の仲間を収集し、計画を立て、皆で動き出すというあらすじです。

オーシャンズシリーズでは変装の達人や機械に強い人、

身体能力が高い人など特性があったので、

今回のキャラクターの設定も気になりますね~!

女性が主役なんで女性の武器も使うんでしょうねw

舞台のNYでは撮影中のクルーも確認され、

写真も出回っています。

撮影も順調に進んでいるみたいなので、公開日が待ち遠しいです!

オーシャンズ8の日本公開日は?

オーシャンズ8の全米公開日は2018年6月8日です。

日本公開は全米公開から1~2か月遅れで公開されるので、

2018年7月~8月公開になると思います。

公開までまだ時間がありますが、とても楽しみな作品ですね!

まとめ

オーシャンズ8の日本公開日は全米が2018年6月8日公開なので、

1~2か月後の2018年7月~8月公開になる可能性が高

オーシャンズ8では主要なキャストが

全員女性で、主役はサンドラ・ブロック

今回の舞台はNYでメトロポリタン美術館の大イベント

「メットボール」の高価なネックレスを狙うため、

世界から凄腕の女怪盗たちオージャンズ8が集結する。

オーシャンズシリーズのファンとして、

リメイクされることはとても嬉しいです。

全員女性なのでどのような作品になるのかこれから楽しみです!

また何か情報が入りましたら追記します。

以上、オーシャンズ8の話題でした!

それでは~

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー