完全個室バスの料金や予約方法は?運行区間と車内のサービスも調査!

2016年度終了までも2か月と少しですが、

年度末の休みを利用して

遠出する人もいるのではないでしょうか?

特に大学生は卒業シーズンなので

旅行に出かける人も多いですよね。

日本の交通機関は便利で電車、バス、飛行機と

様々な用途で目的地まで移動することができます。

そんな交通機関に今までありそうでなかった

移動手段が登場するようです。

それが『完全個室バス』高速バスとホテルが融合したような

乗り物になっているみたいなんです!

とても気になったのでまとめることにしました。

Sponsored Link


完全個室バスとは?

完全個室バスって初めて聞くフレーズですよね!

その名の通りバスの座席が完全に個室になっているんです。

今まで高速バスといえば、隣の席と肘掛ひとつで遮られていたり、

前後の人を気にして、リクライニングや

足を伸ばすことが出来ませんでしたよね。

比較的低料金だけど移動時は疲れるという

マイナスなイメージが強かったのではないでしょうか?

この完全個室バス、車内は全部で11席しかありません。

ひとつひとつが個室で仕切られており、

座席もゆったりと座ることができます。

個室なので前の人を気にすることなく足を伸ばせますし、

後ろの人を気にしないでリクライニングできます。

プライベートな空間も満喫できて、

自由な態勢でくつろげるなんて快適ですよね!

いままでの高速バスなんか乗るとイビキなどの騒音や

近くの人との圧迫感でリラックスできませんでした。

そんな悩みも完全個室バスで解決されますね!

部屋でくつろいでいる間に目的地に着くイメージです。

画期的な乗り物ですね!

この完全個室バスの名称はドリームスリーパーといい、

日本で初めての完全個室バスとなっています。

完全個室バスの料金や予約方法は?

そんな完全個室バスのドリームスリーパーの料金気になりませんか?

結構高そうですよね~

完全個室バスは東京ー大阪区間で料金は片道2万円です。

(子供は15,500円)

意外と安くないですか!?

正直僕はもっと高いと想像していました。

ホテルに泊まりながら移動できれば

とても手ごろな値段じゃないでしょうか?

運行開始は2017年1月18日(水)からで、

2017年2月末まではキャンペーンとして

2千円割引して18,000円で乗れるみたいです。

予約方法は以下にまとめておきます。


・▼インターネット予約

ドリームスリーパー(東京→大阪)

ドリームスリーパー(大阪→東京)


・▼各コンビニエンスストア

ローソン、ファミリーマート、

サークルKサンクス、ミニストップ、セブンイレブン

・▼窓口

関東バス案内所、エリアビューロー

国際興業池袋駅西口案内所

旅行代理店(JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行、

京王観光、小田急トラベル、東武トップツアーズ、京成トラベルなど)

※旅行代理店でお求めの場合は、別途発券手数料がかかる場合あり

▼電話予約

関東バス座席センター

03-3386-5489(9:00-19:00 年中無休)

Sponsored Link

完全個室バスの運行区間とサービス内容は?

運行区間は2017年1月18日から

大阪ー東京間しかありません。

しかも1日1本限定です。

これは試験的運行のな意味も込め、

全国の都道府県で普及するのはまだ先になると思われます。

とてもプレミア感満載のバスですよね!



次に完全個室バス内のサービスを紹介します。

まず社内は土足厳禁です。

搭乗口で専用スリッパに履き替えなければいけません。

車内が汚れるのを防ぐためなんでしょうね。

キレイな車内は最高ですよね。

次に各個室ですがとても広く着替えも楽にできます。

車内でゆったりした服装で過ごしたい方には嬉しいですよね~

しかも各部屋に設置されている座席は

ワンタッチリクライニング式の座席になっています。

しかもこの座席マッサージ機付きなんですよ!

到着までマッサージ機使い放題で、

目的地に着くころに全身ほぐれてますねw

しかも1席1席が広々としていて、

シートもフカフカですぐに熟睡できそうですよ。


各個室にはテーブル、ミネラルウォーター、

ケータイ充電器、空気清浄器まで完備されています。

まるでビジネスホテルみたいですよね!

もちろんアイマスクや消音用のヘッドホンも完備されています。

ドリームスリーパーの名に恥じない、

熟睡させるための工夫が満載なんです!

到着しても熟睡しすぎて

降りるのが嫌になりそうですねw

それと各部屋にはセキュリティ対策や

緊急時の対応としてSOSボタンが付いています。

ボタンを押すと緊急時と判断され

すぐに運転手さんが駆けつけてくるシステムです。

完全個室なのでこのような防犯アイテムは嬉しいですよね。


次に化粧室です。

各アメニティグッズの常備はもちろん、

女性には嬉しい椅子付きの洗面台で

ゆっくり身支度を整えることができます。

バスの揺れまで考えた細かい配慮が嬉しいですね~

トイレはウォシュレット付きの最新モデルのトイレです。

内装やサービスだけ見るとほんとホテルと間違えますよ!

今までにない最高のおもてなしバスですね!!

これだと移動しながら休むことできて

0泊旅が快適にできそうです。

宿迫場所と交通機関の予約も1本でできて便利ですよね!

まとめ

完全個室バス・ドリームスリーパーは

大阪ー東京間で1日1本限定で

1月18日から運行開始。

料金は片道、大人:2万円、

子供:15,500円

(2月末までサービスで2千円割引)



予約方法は、以下

・インターネット予約

ドリームスリーパー(東京→大阪)

ドリームスリーパー(大阪→東京)

・各コンビニエンスストア

ローソン、ファミリーマート、

サークルKサンクス、ミニストップ、セブンイレブン

・▼窓口

関東バス案内所、エリアビューロー

国際興業池袋駅西口案内所

旅行代理店(JTB、近畿日本ツーリスト、

日本旅行、京王観光、小田急トラベル、

東武トップツアーズ、京成トラベルなど)

※旅行代理店でお求めの場合は、

別途発券手数料がかかる場合あり

▼電話予約

関東バス座席センター

03-3386-5489(9:00-19:00 年中無休)



車内のサービスは

リクライニング式のマッサージ付き座席、

テーブル、ミネラルウォーター、

空気清浄器、アイマスク、

ヘッドホン、ミネラルウォーター、

各種アメニティグッズ完備と

ホテルと見間違うほどのサービス内容。

これから完全個室バスが日本中に普及して、

各都道府県で運行されたらいいですね!

僕も凄く乗ってみたくなりましたw

ビジネスホテルにライバル出現ですね~

日本の旅行の仕方に革命起きるか!?

それではまた~

Sponsored Link

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー