原泰久(漫画キングダム作者)の年収や出身地は?師匠は井上雄彦!

今、日本中で話題の漫画キングダム。

週刊ヤングジャンプで連載中で、

僕も愛読している大好きな漫画です。

毎週ヤングジャンプ発売日の木曜は楽しみで仕方がありません。



キングダム単行本の累計発行部数は

2600万部突破
で、

人気がとどまる気配がありません!



そんなキングダム作者の原泰久先生。

もう漫画界では売れっ子の仲間入りと

いっていいんじゃないでしょうか?



そんな原泰久先生の年収や出身地を調べてみました。



Sponsored Link


topimg

原泰久先生の年収は?

 

原泰久先生

sp2011020299000017-ci0002

まず漫画キングダム単行本の累計発行部数は

2600万部以上です。

単行本1冊あたりの印税は

どれくらいなんでしょうか?

調べてみると単行本1冊あたり

10%というのが相場らしいです。



キングダムの単行本の値段は1冊あたり税込で555円。

10%の印税として1冊あたり、

約50円入ってくる計算になりますね。

次に1冊あたりの最新発行部数を見てみましょう。



2016年10月時点での最新刊44巻の

初版発行部数は約60万部と言われています。

年間4冊の単行本が出るとして、

約240万部の発行がある計算となります。

1冊あたりの印税が50円としたら…



1億2000万円!!!!



年間に出る最新刊だけで

これだけの印税が入ってくる計算になります!



これに過去の単行本の売り上げ、グッズ、アプリゲームなどの

著作権費用を含めると


原泰久先生は安くても軽く2億円以上超えると思います。

年収2億円ってすごいですよね~

原泰久先生は、個人的にはもっと稼がれていると思います!



ちなみに累計発行部数が2600万部なので

1冊あたりの印税50円で計算すると


13億円となります!!



もうわけわかんない数字ですよね。

漫画家さんのスケジュールは

とても忙しいのでこれくらい稼いでも

原泰久先生は使う暇ないんじゃないでしょうか?

Sponsored Link

原泰先生の出身地は?

原泰久先生の出身地は

九州佐賀県の三養基郡基山町
になります。

僕も九州人なんで行ったことあるんですが、

自然豊かでとてものどかな町で、

めちゃくちゃ癒されます。

原泰久先もこの町で育ったからこそ、

キングダムの合戦時のダイナミックな地形や

豊かな自然風景を描けているのかもしれませんね。



ちなみに原泰久先生は2013年に

基山町のふるさと大使に任命されています。

特産品とキングダムがコラボしたグッズを販売すると

バカ売れするかもしれないですね。



ふるさと納税の特典に限定の

キングダムコラボ商品など付いてきたら、

ファンは買っちゃうんじゃないでしょうか?

ちなみに僕は買います!w

原泰久先生の師匠は井上雄彦先生

原泰久先生は脱サラして漫画家になられました。

元はエンジニアをされていて、

独学で漫画を描かれていたみたいです。

その後ヤンジャンで連載が決まり、

4か月間、井上雄彦先生のもとで修行されていたみたいです。



井上雄彦先生

images


井上雄彦先生といえば「スラムダンク」、

「バガボンド」、「リアル」などを

描かれた超売れっ子漫画家さんですよね。

超売れっ子漫画家さんの元へ修行に行かせるなんて

当時のヤンジャン編集部の期待感が表れていますよね。



修行後は井上先生の元から独立された原泰久先生、

キングダムも順調に売れたかといえば

初めは全然人気が出なかったそうです。

ヤンジャンの人気漫画ランキングも

下の順位ばかりだったみたいです。

今の爆発的な人気からは想像もつかないですよね。



これに悩んだ原泰久先生は師匠の井上先生に相談します。

原泰久先生「・・・どうやったらキングダムの人気がでますかね~?」と



井上先生のアドバイスは1つだけでした。



井上雄彦先生「主人公信の瞳を一回り大きく描きなさい。





その後瞳を大きく書いたら、人気に火が付き

キングダムはヤンジャンの看板漫画まで上り詰めていったらしいです。





左:瞳が小さい頃の信と右:瞳が一回り大きくなった信

photo07






僕はこのエピソード聞いた時鳥肌立ちました。

普通はシナリオやキャラ作りに注目すると思ってたら、

まさかの瞳の大きさですよ!

それだけシナリオやキャラ設定は完璧だったんでしょうね。



アドバイスを素直に聞き入れる原泰久先生も

実直で真面目な性格だと思いますし、

師弟関係がある井上先生との信頼感の強さが感じ取れるエピソードですよね。

まとめ

原泰久先生の年収は2億円以上!

出身地は佐賀県の三養基郡基山町でふるさと大使もなされている。

師匠は井上雄彦先生で、

『主人公の瞳を一回り大きく描け!』というアドバイスで売れ始めた。





キングダム実写映画化の噂についてはコチラ



Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー