寺田明日香(ラグビー)は旦那と離婚した!?陸上から転向した理由も気になる!

元陸上選手の寺田明日香選手をご存じでしょうか?

陸上からラグビー異例の転向

され注目されました。

寺田明日香選手の旦那さんや離婚の噂

陸上から転向した理由をまとめてみました。

Sponsored Link

寺田明日香選手のプロフィール

【名前】寺田明日香

【生年月日】1990年1月14日

【出身】北海道札幌市

【最終学歴】早稲田大学人間学部

【身長】167cm

【陸上時代の種目】100mハードル

【自己ベスト】13秒05

出典:wikipedia

寺田明日香選手は

現在27歳の元陸上選手です。

過去に日本選手権を3連覇している、

とても優秀な選手です。

2009年アジア陸上競技選手権では銀メダルを獲得し、

2013年に陸上から引退することを表明しました。

年齢的にもまだ若いのに引退した理由としては、

2012年のロンドンオリンピックを目指していましたが、

故障により断念。

そしてそのまま引退してしまったということです。

寺田明日香さんは、その後2014年に

福祉を学びたいと、早稲田大学人間学部に入学しています。

同じ年に一般人の男性と結

カワイイ女の子も出産しています。

そして2017年に現役復帰!?と思いきや、

ラグビーに転身することを表明します。

これには陸上界に衝撃が走りました。

寺田明日香さんのラグビー転向理由については後述しますね!

寺田明日香選手は旦那と離婚したという噂は?

寺田明日香選手を調べていると

離婚』というワードが目につきました。

幸せな結婚生活を営んでらっしゃると

思っていたので、少しビックリしました!

真相はどうなのでしょうか?

離婚をほのめかすサイトはなく

寺田明日香選手のtwitterに情報がないか見ていたところ、

ありました・・・!

娘さんを抱いている旦那さんの姿が!

離婚というのはどうやらデマのようです。

少しホッとしました~

1人で子育てしながらの、

ラグビーは大変でしょうからね~

ちなみに寺田明日香選手の旦那さんは、

スポーツコンサルタントをされていて

同じ早稲田大学出身みたいです。

スポーツコンサルタントとは心身ともに

最高のパフォーマンスを発揮できるように、

選手をマネジメントする人のようです。

こんな旦那さんいて羨ましいですね!

夫婦二人三脚で新しい道へ飛び込めたのも、

旦那さんのサポートあってこそかもしれませんね~

Sponsored Link

寺田明日香選手がラグビーに転向した理由は?

引退して福祉を学んだ寺田明日香選手は

なぜ畑が違うラグビーに転向したのでしょうか?

2017年1月にラグビーの日本代表強化合宿に参加しています。

寺田明日香選手は特集記事でこのように答えています。

引退後、同級生で帯広農業時代に

円盤投げで国体入賞を果たした親友の桑井から

「明日香もラグビーを一緒にやろうよ!!」と誘われた。

しかし、「アスリートには戻りたくない」。号泣しながらそう断った。

2016年にリオ五輪7人制ラグビーでの

桑井らのプレーを見て、気持ちが変化した。

日本代表は外国人選手に体、スピードともに負けて結果は10位。

「私のスピードが少しでも力になれば。

陸上で果たせなかった五輪出場の夢をラグビーで目指したい

ラグビーでメダルを取りたい」。

3年以上のブランクがありながら、ラグビー選手になることを決意した。

引用:日刊スポーツ

とあります。

親友の桑井選手の誘いやプレイに勇気付けられ、

ラグビー選手の道に入ったようです。

アスリートには戻りたくない』と号泣したことから、

現役時代は相当キツかったんでしょうね~

しかし親友の影響もあるとはいえ

勇気ある決断は素晴らしいと思います。

今は東京オリンピックを目指して練習しているようです。

現在は試合で脚をケガしてしまし、療養中みたいです。

経過もよく、すぐに復帰できるみたいなので、

早く治して無理しない程度に練習頑張って欲しいですね!

まとめ

寺田明日香選手は、陸上引退後ラグビー選手に転向した。

転向理由としては、親友の元陸上選手のラグビーの誘い

プレイに勇気付けられ、陸上では果たせなかった

オリンピック出場の夢を叶えるため転向を決意した。

旦那さんとは離婚しておらず

かわいい娘さんと仲睦まじく生活している。

以上、寺田明日香選手の話題でした!

それでは~

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー