山尾しおりが出馬する選挙区や政党は?落選や当選の可能性も調査!

最近女性議員の不貞をはじめ、

政治スキャンダル・問題が多いですよね~

その矢先に10月の解散総選挙が急きょ行われるようです。

記憶に新しいのが山尾しおり議員スキャンダルです。

スキャンダル後は民進党を離党した山尾議員ですが、

今度の解散総選挙に立候補すると表明しました!

山尾しおり議員が出馬する選挙区政党

落選や当選の可能性を考えてみました。

Sponsored Link


山尾しおり議員のプロフィールや経歴

【名前】山尾志桜里(やまおしおり)

【生年月日】1974年 7月24日

【年齢】43歳

【出身】宮城県仙台市

【出身大学】東京大学法学部

【前職】検察官

【好きな食べ物】納豆ごはん・あんかけパスタ・鍋物

【好きな言葉】『大切なことは目に見えない』

山尾しおりさんは宮城県出身の43歳です。

ん~若いですね!そして男性目線で

主観も入りますがキレイな方だと思います!

ただあのスキャンダルはちょっとどうかと思います。

政治家だし潔白そうに見える人に限って、悪いギャップって際立ちますよね~

僕だけでしょうか?w

好きな言葉には『大切なことは目に見えない』とありますが、

僕は目に見えるものを大切にしてほしいなと思いましたw

続いて経歴です!

山尾しおり議員の主な経歴

山尾しおり議員の主な経歴は以下です。

平成11年(1999年)東京大学法学部卒業

平成14年(2002年)司法試験合格

平成16年(2004年)10月 検察官任官し、東京地検に着任

平成19年(2007年)12月 検察官退官

平成19年(2007年)12月 民主党愛知県第7総支部長

平成21年(2009年)8月 衆議院議員総選挙にて初当選(182,028票)

平成24年(2012年)12月 衆議院議員総選挙にて落選(92,398票)

平成26年(2014年)12月 衆議院議員総選挙にて当選(113,474票)

いわゆるエリートコースですよね~

東大法学部とか頭がいいです!

山尾しおりさんは2012年に落選していますが約2万票差負けています。

この時は自民党が与党に返り咲いた選挙で、

当時民主党だった山尾議員は影響を受けて負けてますね~

Sponsored Link

山尾しおり議員の選挙区や所属政党は?

山尾しおり議員の選挙区は愛知7区です。

民進党を離党した山尾議員の現在の所属政党はありません。

つまり今度の解散総選挙は無所属愛知7区から出馬することになります。

政党の後ろ盾がないのは厳しいですね~

山尾しおり議員は出馬表明の際に、

「無所属の個人として、安倍政権という国家権力と戦う選挙になるかもしれない。

もし地域の皆さんに頑張れと言っていただけるなら、

無所属として選挙を挑戦させていただきたい」

と語っています。

山尾しおり議員の落選や当選の可能性は?

選挙は票を開けてみないと結果はわかりません。

しかも山尾議員が出馬を表明した愛知7区は

各党の候補が出そろっていません

1つだけ言えるのがスキャンダルがあった議員は

印象も悪いので、選挙戦は不利になります。

各政党もこの選挙区を獲ろうと

公認候補を擁立してくることは間違いないでしょう。

しかし有利と思われていた候補が負けたり、

不利な人が当選するのはよくあることです。

山尾しおり議員に関して落選か当選か個人的な推測をすると、

僕は今回の解散総選挙は落選すると思っています。

理由としては先ほど述べたように、各党の公認候補が控えているということ。

そして山尾しおり議員は

無所属で初めての選挙を迎えるということです。

これまで民進党に所属していたので、

党からの援助もあり選挙戦を戦うことができました。

しかし今度の解散総選挙は無所属で初めての立候補となります。

慣れない環境での選挙戦を有利に戦えるとは思えません。

最後の理由としましては、やはりスキャンダルの影響が大きいと予想します。

女性議員は子育て経験などから、子供や女性の立場に立った目線での

政策を展開できるのが強みです。

しかし今回のスキャンダルで女性票が離れる可能性は高いでしょう。

以上が僕が山尾しおり議員が落選すると考えている理由です。

まとめ

山尾しおり議員は今度の解散総選挙で、無所属愛知7区に立候補している。

今回の選挙で個人的には落選すると考える

理由は山尾しおり議員は今回の選挙選で初めて無所属で戦うこと。

スキャンダルによって女性票が離れるだろうと予想できることから。

以上、山尾しおり議員の話題でした!

それでは~

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー