御堂筋ランウェイ2017の交通規制区間の場所はどこ?日程や混雑予想もチェック!

年末に向けて大きなイベントが目白押しですね~

皆さんどこかお出かけにねりますか?

今日はそんなイベントでも、大阪の熱いイベントを紹介します。

御堂筋ランウェイ2017』というイベント!

このイベントには大阪を代表する超大物ゲストが参加するんだとか。

その大物ゲストを『ダウンタウン』です!!

今年は大変混雑することが予想されそうです・・・

御堂筋ランウェイ2017の日程と交通規制区間の場所、混雑予想もチェックしていきましょう!

Sponsored Link


御堂筋ランウェイ(オータムパーティー)2017はどんなイベント?

御堂筋ランウェイ2017(別名オータムパーティー2017)は、

大阪のメインストリート『御堂筋』で集客力のあるイベントを実施することで、

御堂筋のにぎわいを創出し、その魅力を広く国内外に大きく発信させることが目的のイベントです。

同日の夜には御堂筋イルミネーションを車道から観ることができる

『大阪・光の饗宴2017開宴式』も開催されます。

当日は、400メートルを超えるレッドカーペットのランウェイが設置されます。

今年2017年のテーマは

『御堂筋から未来へつながるスポーツとパフォーマンスの祭典』。

「ラグビーワールドカップ2019」、「2020年東京オリンピック・パラリンピック」、

「ワールドマスターズゲームズ2021関西」の開催や「2025日本万国博覧会誘致」など

日本、大阪が盛り上がっていく中、未来に繋がる熱狂・躍動・希望が発信される予定です。

具体的なプログラムは、

◆陸上競技史上最も多くのメダルを獲得した女性オリンピック選手

アリソン・フェリックスさんによるスペシャルラン

◆黒田博樹さん参加による400メートルリレーキャッチボール

◆バブリーダンスで話題の大阪府立登美丘高校ダンス部現役×OG総勢100名によるパフォーマンス

◆荻野目洋子さんのスペシャルステージ

◆大阪×ATHLETEファッションショー ゲストアスリート岡崎朋美

◆OSK日本歌劇団によるパフォーマンス

◆世界大会メダリストによる大トランポリンやバトントワーリング、ローラーブレード

などが予定されています。

そして先日発表されたのが『ダウンタウン』の特別ゲスト出演!

レッドカーペットのランウェイを歩きながらトークを繰り広げるみたいです!

これは御堂筋近隣の方は大興奮でしょうね~!!

ダウンタウンが出演する時間帯はコチラにまとめてあります。

Sponsored Link


御堂筋ランウェイ2017の日程や出演ゲストは?

まず御堂筋ランウェイ(オータムパーティー)2017の開催日程や出演ゲストです。

【開催日時】

平成29年11月12日(日)14時~16時

【出演ゲスト】

(御堂筋ランウェイ レッドカーペット)

アリソン・フェリックス、黒田博樹、

大阪府立登美丘高校ダンス部現役×OG総勢100名

荻野目洋子、岡崎朋美、OSK日本歌劇団

ダウンタウン

(新橋北ステージ)

今田耕司、福本愛菜、シャンプーハット

ゆりやんレトリィバァ、ミキ、笑い飯

御堂筋ランウェイ2017の交通規制区間の場所は?

交通規制区間の場所はコチラにまとめてあります

【規制区間】久太郎町3交差点~新橋交差点

【日時】2017年11月12日(日)12時半~19時半(雨天決行)

御堂筋ランウェイ2017は雨天決行なので、交通規制も12時半~19時半の間でかかってくるでしょう。

時間の前後は通れないので、急ぎの用事がある方は気をつけてください。

御堂筋ランウェイ2017の混雑予想!

去年の御堂筋ランウェイの様子です!

2016年の様子ですが、ものすごい人の数ですよね~

このようにたくさんのお客さんで埋め尽くされています。

特に沿道のレッドカーペット周りのお客さんがスゴかったみたいです!

今年はダウンタウンが出演するので一目見ようとたくさんのお客さんが詰めかけるのではないでしょうか!?

当日会場周りはもちろんですが、前後の時間帯での駐車場、

飲食店、宿泊施設など、去年より混雑することが予想されます。

イベントを楽しまれる方は事故などに十分注意してくださいね。

まとめ

御堂筋ランウェイ201711月12日(日)14時~16時に開催されます。

今年のゲストはダウンタウンなので、大変混雑することが予想されます。

当日楽しまれる方は十分注意してください!

以上、御堂筋ランウェイ2107の話題でした!

それでは~

ダウンタウンが出演する時間帯はコチラにまとめてあります。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー