大野美幸(日大チア監督)の顔画像や経歴は?パワハラ内容と処罰が気になる!

アメフトの反則タックル問題で注目を浴びた日本大学で再び問題が起こりました。

今度は明らかに指導者に非があるような内容となっています。

日本大学チアリーディングの女性監督がある1人の部員に向けて

パワハラを行なっていたという内容です。

このパワハラを行った大野美幸さんの顔画像や経歴、

パワハラ内容と今後の処罰が気になったので調べてみました!

Sponsored Link

元日大チア監督『大野美幸』さんの顔画像や経歴は?

大野美幸さんの顔画像ですが、こちらになります。


まだ若そうな方ですけど、どのような経歴をお持ちなのでしょうか?

大野美幸さんは2011年まで日大チアリーディングの選手だったようです。

その後、大学を卒業した後の2015年に日大チアリーディングの監督に就任したようです。

卒業時期から考えると年齢も29歳くらいと考えられますので、

そこまでベテランの監督ではありません。

個人的には若い監督が今回のようなパワハラを行っていたことに驚きを隠せません・・・

具体的で生々しいパワハラ内容も残っています。

Sponsored Link

大野美幸監督のパワハラ内容は?

大野美幸監督のパワハラは、1人の部員に向けられたものでした。

具体的な内容は、

全部員の前でこの部員を名指しし「大雪の日に事務員に頼んで練習をなくそうとした」と事実でないことで叱責した。

この前後にも、部員が強豪である出身高校のジャージーをはいていたことを見とがめ「学校の恥。今すぐ脱げ」と怒ったほか、

けがからの復帰が遅れているのをうそだと疑い大会に出場させようとした。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000004-mai-soci

この言動はパワハラ言動を一部抜粋したもので実際のものはもっとひどいです。

コチラのサイトにはもっと生々しい言動も載っています。

この部員は精神的に追い詰められて、心に深い傷を負ってしまいました

このような具体的な発言が表に出るということは、監督の言動に不審を持った彼女が、

ボイスレコーダーなどで記録していた可能性が高いです。

今度肉声の音声も出てくるかもしてませんね~

大野美幸監督の今後の処罰は?

パワハラを受けた女子部員は、保体審に監督との仲裁を求めていました。

当初は応じる姿勢を示したものの「監督と直接話してください」などと態度を変えたため、

3月に人権救済機関に相談しました。

関係者によると、具体的内容は公表してませんが、

調査をして監督の言動がパワハラに当たると認定したといいます。

5月に起きたアメフット部の問題で、日大は対応が批判されたがその間もチアの問題は解決せず、

監督は7月に女子部員に謝罪しています。しかも監督は指導を続けているということです。

具体的な処罰は何もなく、ただ謝罪を行っただけということになりますね。

個人的には監督歴も浅い中このような問題を起こすような監督は、

指導する資格や素質がないと感じます。

今後報道が大きくなれば、何らかの処罰があたえられるのではないでしょうか?

最後にニュースを見た方の感想を載せておきます!

まとめ

日大チアリーディングの大野美幸監督の経歴は、

2011年まで日大チアリーディングの選手で、大学を卒業した後の2015年に日大チアリーディングの監督に就任

パワハラに対する処罰は現在なく、7月に部員に謝罪したのみとなっている。

以上、日大チアリーディング監督のパワハラの話題でした!

それでは~!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー