松田大夢の仕事や収入は?バジャウ族の村の場所やアクセス方法も調査!

今日テレビを観ていたら、キレイな海の映像が。

暑いし海行きたいな~と思っていると、あるテレビ番組の予告でした。

その番組は8月6日放送予定の『世界ナゼそこ日本人』です。

海底部族『バジャウ族』と一緒に暮らす日本人が特集されるみたいです。

その日本人はバジャウ族の村に、外国人として唯一暮らすことを許可された人物なんです。

名前を松田大夢(ひろむ)さんといいます。

松田大夢さんはバジャウ族の村でどのような生活をしているのでしょうか?

彼の収入や仕事バジャウ族の村の場所やアクセス方法についても調べてみました。

Sponsored Link


バジャウ族とは

バジャウ族とはいったいどのような部族なのでしょうか?

海底部族と言われてるくらいなので、

どこかの海に住んでいる海賊なのでしょうか?

バジャウ族とは、フィリピンやマレーシア、インドネシアなどの東南アジア一帯に住む部族です。

住むと言っても陸には住まず、海上に高床式の小屋を作ったり、船上で生活する人達のことをいいます。

その一族の一つが、東インドネシアから東ボルネオ、セルベス海やスールー海に主にいるバジャウ族なんです。

海底部族と言われてる理由は、海上を住処としている事や、

後述しますが彼らの仕事内容にも関係しています。

そんなバジャウ族と暮らす日本人、松田大夢さんはどんな人物なのでしょうか?

松田大夢さんのプロフィール

【名前】 松田大夢(ひろむ)

【生年月日】 1995年6月25日

【年齢】 23歳

【出身】 新潟県村上市

出典:http://hiromumatsuda.hatenablog.com/
芸能人などと違い詳しいプロフィールはありませんが、23歳と若い日本人です。

金髪なのでちょっとヤンチャそうに見えますが、

根は優しそうな人ですw

バジャウ族と暮らす松田大夢さんの仕事や収入はどのようになってるのでしょうか?


Sponsored Link

松田大夢さんの仕事や収入は?

バジャウ族の仕事ですが、常に海の上で生活をし

魚やナマコ、ウニを獲って、それを干物にして売り生活の糧として生きる部族だそうです。

日本人みたいに年収〇〇万円というより、

生きるために仕事をし、必要最低限のものを買う生活なのでしょう。

仕事のために海に潜ることが多いので、海底部族とも言われてるんですね!

松田大夢さんも素潜りで獲物を獲れるようです。

ただ他のバジャウ族と違うのは、現地で日本人をガイドしたり、

日々の生活をネットに上げ、カンパやクラウドファンディングを募ってるところです。

クラウドファンディングによって、壊れた家を建て直すなど

ITを駆使したとてもスマートな生活をしています!

自分の珍しい生活を発信して、ネット上でお金を集めるなんて、とても賢いですね~

彼のtwitterを見てもらうとわかるんですが、それで儲けようとは考えておらず、

生活に必要なものでどうしても手に入れれないものがあるときに、カンパを募るようです。

同じ日本人としても応援したくなりますよね!

松田大夢さんが暮らしているバジャウ族の村はどこにあるのでしょうか?

バジャウ族の村の場所やアクセス方法は?

村の場所を調べると、セブ島のバジャオワンに村はあるみたいです。

アクセス方法は、実際に松田大夢さんに会いにいった方によると、

飛行機でセブ島へ行き、そこからタクシーでバジャオワンに行きます

バジャオワンは巨大ショッピングモールSMシーサイドの近くのようです。

飛行機は直行便で6時間くらい、タクシーは40分でバジャオワンに着くようです。

ただ松田大夢さんはtwitterで『村に来る際は急に来られても困るw村長にも悪し』と発言しています。

もし現地に行きたいのであれば松田さんにコンタクトをとり、

ガイドをお願いしてもらったほうが確実でしょう。

まとめ

バジャウ族として暮らす日本人の松田大夢さんの仕事は、漁業やツアーガイド

またネット上に現地での生活情報を発信し、カンパやクラウドファンディングを募ることもある

村はセブ島のバジャオワンにあるみたい。

以上、日本人唯一のバジャウ族、松田大夢さんの話題でした!

それでは~!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー