沖ノ島(福岡)の世界遺産観光や上陸はできる?アクセスや行き方も調査!

『福岡の沖ノ島世界遺産に登録された』

というニュースが流れました。

世界遺産へ認定された場所ができたということで調べていたら、

とても歴史ある神聖な場所でした。

沖ノ島(福岡)の世界遺産観光上陸はできるのか?

アクセス行き方についても調べてみました。

Sponsored Link


沖ノ島(福岡)とは?

沖ノ島(福岡)は福岡県宗像(むなかた)市に属する

九州本土から約60Km離れた位置に存在する孤島です。

沖ノ島(福岡)の周囲はわずか4Kmという小さな島です。

沖ノ島(福岡)が周りの孤島と違うのは、

神聖な信仰が行われた長い歴史があり、

その中で島全体が神領として崇められているということです。

沖ノ島(福岡)を紹介する宗像市の観光協会のサイトではこのように紹介されています。

沖ノ島が他の島と決定的に違うところは、

ここは人々が日常生活を営むことができる普通の島ではないという事です。

沖ノ島には、そこには田心姫神(たごりひめのかみ)が祀られ、

島全体が神領とされています。

そのため許可なく立ち入ることはできません

この島に滞在が許されているのはただ一人、

神職が交代で常在し、毎日ここで神事が行われているのです。

出典:むなかた観光協会 宗像の観光情報サイト~神の宿る島 沖ノ島~

沖ノ島(福岡)は、4~9世紀に大陸との航海安全を祈る

祭祀(さいし)が行われた痕跡がほぼ手つかずで残されていました。

全島が宗像大社の『沖津宮(おきつみや)』の境内になっており、

戦後の発掘調査で発見された銅鏡や金製指輪など

約8万点が国宝指定され、『海の正倉院』とも呼ばれています。

島全体が神領とされている沖ノ島(福岡)は

エジプト考古学者の吉村作治氏が提唱し、

宗像市を中心にする沖ノ島(福岡)を

世界遺産に登録する運動が行われてきました。

ユネスコ世界遺産への登録は自然遺産で日本で5番目

九州では1993年12月に登録された

鹿児島県の屋久島に続き2番目の登録となりました。

個人的には僕も九州出身なので、九州内にこのような素晴らしい

自然世界遺産が2か所もあることはとても誇らしいですね。

歴史的、文化的に見ても後世に残していくうえで、

とても素晴らしい配慮だと考えます。

沖ノ島(福岡)の世界遺産観光や上陸はできる?

前述しましたが沖ノ島(福岡)への上陸はできません

全島がとても神聖な歴史ある宗像大社の

『沖津宮(おきつみや)』の境内になっているからです。

宗像大社は本土の『辺津宮』、本土から11km沖合にある大島の『中津宮』、

これまでに紹介した沖ノ島の『沖津宮』の3宮から成り立っています。

今まで紹介してきた沖津宮である沖ノ島には入島できませんが、

本土の『辺津宮』、本土から11km沖合にある大島の『中津宮』は観光できます

なので本土の『辺津宮』、大島の『中津宮』のおすすめ観光スポットを紹介していきます。

しかし注意ですが、観光可能とはいえ歴史あるとても神聖な場所なので、

ゴミを捨てたり、迷惑をかける行為はくれぐれもやめるようお願いします

皆で美しい沖ノ島周辺の観光スポットを残していきましょう!

Sponsored Link

①宗像大社辺津宮

福岡市と北九州市の中間にある宗像市。

海岸から釣川をおよそ3km内陸部へ

遡ったところに鎮座する総社・辺津宮。

御祭神は市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)を主祭神とし、

広大な神苑には本殿を中心に儀式殿、

高宮祭場、第二宮・第三宮、 神宝館、祈願殿などが点在し、

宗像大神を崇敬される多くの人々が絶えることはありません

神宝館もあり沖ノ島祭祀遺跡から出土した約8万点の奉献品が展示されています。

約8万点のすべてが国宝で、宗像大社辺津宮でしか見ることが出来ません。

【アクセス】

福岡県宗像市田島2331

九州自動車道 若宮インターから約20分/古賀インターから約25分

無料駐車場も完備されています。

② 新原(しんばる)・奴山(ぬやま)古墳群

こちらは本土の福津市にある古墳群です。

新原・奴山古墳群は、海を越えた交流に従事し

沖ノ島祭祀(さいし)を担った古代豪族である宗像氏が、

5世紀から6世紀にかけて築いた古墳群です。

かつての入海に面した台地上に、前方後円墳5基、円墳35基、

方墳1基からなる計41基の古墳が良好な状態で残されています

散策しながら古墳を楽しむことが出来ます。

出典:福津市教育委員会

【アクセス】

〒811-3522  福岡県福津市奴山・勝浦

JR福間駅から車で20分

無料駐車場も完備されています。(大型車を除く)

③宗像大社中津宮

こちらは宗像本土より沖合11kmにある

『大島』に存在する宗像大社の中津宮です。

湍津姫神(たぎつひめのかみ)をお祀りする中津宮は、

島の南西岸に海を隔て、辺津宮と向かいあって鎮座しています。

島の北側には沖津宮遥拝所があり、

天気の良い日にはここから遥か沖ノ島を拝することが出来ます

入島できない沖ノ島を唯一陸から眺めることが出来る場所です。

沖ノ島は女性禁制のため、祭事の際、

女性この島から沖ノ島を眺めていたという歴史があります。

【アクセス】

福岡県宗像市大島1811

【①主要駅から東郷駅まで】

 JR鹿児島本線『東郷駅』までは『JR博多駅』から約30分

『JR小倉駅』からは快速約40分

【②東郷駅から神湊港まで】

 JR東郷駅下車、福間行きバス(神湊経由)で『神湊波止場』まで約20分

【③神湊から大島まで】

 市営渡船「しおかぜ」またはフェリー「おおしま」で大島港へ

渡船時刻表

 (乗船時間:しおかぜ約15分、おおしま約25分)

まとめ

世界遺産に登録された沖ノ島(福岡)

宗像大社の最も神聖な

『沖津宮(おきつみや)』の境内になっているため、

入島、上陸できない

しかし大島にある宗像大社の中津宮や

本土の辺津宮は観光ができる

大島にある中津宮は島の北側には沖津宮遥拝所があり、

天気の良い日にはここから遥か沖ノ島を拝することが出来る

本土の辺津宮の神宝館には

沖ノ島から出土した奉献品(国宝)約8万点が展示されている。

【本土の辺津宮へのアクセス】

福岡県宗像市田島2331

九州自動車道 若宮インターから約20分/古賀インターから約25分

【大島の中津宮へのアクセス】

福岡県宗像市大島1811

【①主要駅から東郷駅まで】

 JR鹿児島本線『東郷駅』までは『JR博多駅』から約30分

『JR小倉駅』からは快速約40分

【②東郷駅から神湊港まで】

 JR東郷駅下車、福間行きバス(神湊経由)で『神湊波止場』まで約20分

【③神湊から大島まで】

 市営渡船「しおかぜ」またはフェリー「おおしま」で大島港へ

渡船時刻表

 (乗船時間:しおかぜ約15分、おおしま約25分)

以上、世界遺産の沖ノ島の話題でした!

それでは~

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー