生き物にサンキューの打ち切り理由は批判やクレーム?後番組や視聴率も調査!

今日は台風の影響で風が少し強く、若干涼しかったですね~

お盆過ぎれば猛暑も落ち着いてくるのでしょうか?

それにしても最近は雨が降らないので水不足にならないか心配です・・・。

9月は番組改変もありますが、チュートリアル徳井さんが司会の

生き物にサンキュー』という番組が9月で打ち切りになるようです。

打ち切りの理由が少し変わってて、批判やクレームが原因みたいなんです。

いったいどのような批判やクレームが来て、打ち切りになったのでしょうか?

また後番組や視聴率も調査しました!

Sponsored Link

生き物にサンキューとはどんな番組?

生き物にサンキューはTBS系列で水曜19時から放送されている。

番組のコンセプトは動物たちの“すごい能力”や“驚くべき技”を引き出すというもので、

可愛らしい動物の可能性を見出す教育バラエティです。

番組も2014年に開始し100回を超えている大人気の番組です。

これだけ長く続く番組の『生き物にサンキュー』がなぜ打ち切りになるのでしょうか?

気になったので理由を調べてみました。

生き物にサンキューの打ち切り理由は批判やクレーム?

どうやら生き物にサンキューはこれまで、

たびたび批判やクレームがあったみたいです。

そのクレーム内容が『動物が可愛そう』ではないか?

という内容で批判を浴びていました。

具体的なクレーム内容を紹介すると

2月21日に放送された3時間スペシャルでは、

京都に住む双子の2歳女児と3歳メス猫の様子を取り上げ、

「ヤンチャ双子に耐えるネコ」と紹介。この猫は、双子の女児に自宅内で首輪をつけられ、

散歩ごっこをする際にリードをやや強引に引っ張られたり

女児が生後10か月だったころにはしっぽをつかまれたりしていた模様が放送された。

これに対しネット上では批判が殺到。

特にツイッターのユーザーが鋭く反応し、

親が子を止めるべき」などと厳しい書き込みが相次いだ。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/15128860/

たしかに猫を可愛がってる人からとったら、可愛いそうに見えてしまいますね~

この他にも動物を叩く仕草を面白く放送したり、少し過剰な演出が多かったよう。

視聴者からは『かわいそう。不快で見てられない』という意見が来たりしているそうです。

放送も終了し問題の放送の動画は確認できませんが、

僕は制作側にも少し問題があったと思いますね~

制作側からすれば動物番組が数多くある中、

少し変わった演出を取り入れたい思惑もあったでしょう。

その行き過ぎた演出がエスカレートし、

番組を観た視聴者が不快に思ったというところでしょう

動物にサンキューの視聴率や後番組はどうなってるのでしょうか?

Sponsored Link

動物にサンキューの視聴率や後番組は?

動物にサンキューの視聴率を調べてみました。

調べてみると視聴率は比較的高い回で6.9%を記録していました。

この数字は決していいものではなく、

個人的には今回の打ち切りはこの視聴率の低さも関係していると考えます

番組内容が批判されるんだったら、気をつけて変更していけばいいですからね~

また後番組も調べましたが現在はまだ決まってないようです。

時間帯もゴールデンだしバラエティ番組になるのではないでしょうか?

まとめ

生き物にサンキューの打ち切り理由は、

動物が可愛そうという批判やクレームが1つの理由。

また視聴率が低迷しているのも原因の1つと考えられる。

現在後番組の情報は発表されていない。

以上、動物にサンキューの話題でした!

それでは~!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー